女性トレーナー常駐しています!

NEWS

正しいプロテインの選び方とは

2019-04-14

前回少し触れた通り、一言で「プロテイン」と言ってもいろいろな種類があります。どれも基本的にはタンパク質補給を目的として利用されるものですが、それぞれのプロテインによって機能的な特徴があるため「使い分け」が重要となります。

まず、最も一般的でフレーバーの種類も多いのが「ホエイプロテイン」です。ホエイとは乳清のことで、ヨーグルトの上澄み液もこのホエイ(乳清)です。

ホエイプロテインの特徴は飲んでからの吸収が早い点です。体にタンパク質を素早く補給させたい時に適しています。また、安価であり口当たりも良いため利用しやすいプロテインだと言えるでしょう。

また、ホエイプロテイン同様に牛乳を原材料として作られるプロテインに「カゼインプロテイン」があります。
カゼインプロテインの特徴はホエイプロテインとは逆に吸収スピードが緩やかで長時間に渡ってタンパク質を少しずつ体に供給してくれる点です。つまり、就寝前のような栄養摂取の間隔が大きく空く直前に飲むのに適したプロテインだと言えるわけですね。寝る前にカゼインプロテインを飲み、起床直後にホエイプロテインを飲む。これがタンパク質補給において合理的なスケジューリングとなります。

牛乳以外を原材料とするプロテインとしてはソイ(大豆)プロテインがポピュラーです。ホエイプロテインやカゼインプロテインに少しだけ「乳糖」が含まれているため乳糖不耐性の人はお腹を壊してしまうことがあります。

こういった場合にソイプロテインを使うことによって安心してタンパク質を摂取することができるというわけです。

ソイプロテインは値段がとても安いのですがホエイプロテインよりは若干味が落ちるという意見が多く聞かれます。好みの問題にもなってしまうのですが、乳糖不耐性ではない方には原則としてホエイプロテインをオススメしたいところです。

ちなみにソイプロテインはダイエットに良い、といった意見を聞くこともありますがこれは全くのデマでありソイプロテインの方がホエイプロテインやカゼインプロテインよりも体脂肪を落としやすいといったことはありませんので勘違いしないように気を付けてください。

その他、ピーナッツを原材料としたピープロテインや、牛肉から作られたビーフプロテインといった変わり種も時折見かけます。興味をそそられる物ではあるのですが、味はイマイチですからご注意を。

プロテインのフレーバーについては各メーカーによって千差万別です。こればっかりは自分の好きな味を探し回るしかないと言えるでしょう。

鹿児島のパーソナルトレーニングジムGEMROCKにもいろいろなプロテインをご用意してあります。毎回違う味を楽しめるため飽きずに飲めますよ♪

一覧に戻る

あなたの「なりたい」をGEMROCKで叶えましょうあなたの「なりたい」をGEMROCKで叶えましょうあなたの「なりたい」をGEMROCKで叶えましょう
ページ上部に移動